中國ライブ配信市場

EC分野でライブ配信は、短期間で売上をもたらせる近年の業界の流行マーケティング手法である。利用者數から見ると、2017年に急増を見せたのち、停滯期に入り、2019年に再び成長を見せ、6月の利用者數は4.33億人を記録した。

LIVE配信による商品販売の3種類

  • 秒殺モード:大勢のフォロワーをもつKOLが、商品を限定低価格で販売する。これによりKOLはフォロワーをさらに増やせて、メーカーもKOLの影響力で、よりたくさん売ることができる。この手法で販売される商品は安いが、數に限りがあるため「秒殺」と呼ばれている。
  • 達人モード:ある分野の専門知識を持つ配信者が関連商品を紹介し販売する。
  • 店舗配信:お店自らライブ配信を行い店內の商品を紹介する。

中國で人気の動畫配信ツール4選

  1. タオバオライブ(淘寶直播):アリババグループ傘下のライブコマース
  2. 快手LIVE:最も生活に近く暮らしに浸透しているLIVE配信アプリ

  3. TikTok:日本でも人気のあるショート音楽動畫コミュニティ

  4. 「騰訊直播」:微信(WeChat)の公式アカウント向けライブ配信ツール
  5. 一直播(yizhibo)生放送アプリ、急成長中

LIVE配信実績の例

ブランド:カシオ 場所:上?!r間:2019年11月10日 內容:雙11明星天貓直播(11月11日にTmallにおけるLIVE)

形式:オンラインLIVE

実際ライブにエンゲージした人の數:83,798人

 

ほかにもたくさんの実績がございますので、気軽にお問い合わせください。