新型コロナウイルスが日中インバウンドへの影響及び対策

中國國內の感染狀況

新型のコロナウイルスの感染拡大が続く中國では、患者の數が2萬人を超えたほか、死亡した人も425人に上っている(2020年2月4日現在)。

外出禁止措置

新型のコロナウイルスの感染拡大を受けて、中國では事実上、外出禁止の措置に踏み切る都市も出てきている。

春節期間日本への観光客大幅減

中國政府は1月27日以降、中國から海外への団體旅行をすべて禁止することと通知した。日本への中國からの訪日客は去年1年間で過去最高となる959萬人。今回の措置で中止されるのは団體旅行のみではあるが、折りあしく中國からの訪日客がもっとも増える春節の大型連休と重なることもあり、この春節期間の渡航先として人気が高い日本にも影響が出ることは免れない。

3か月間で損失2500億円超?

日本の複數のシンクタンクも新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、第1四半期のGDPの伸び率が4%臺に落ち込むという見通しを相次いで発表している。

日本政府観光局の統計によると、2019年の訪日外國人(インバウンド)の數は累計で約3188萬人にのぼる。このうち中國からは約960萬人が訪日しており、國?地域別ではトップである。これは年間の訪日外國人の約3分の1という高い割合を占めている。専門家はインバウンド関連を中心に?経済損失は2500億円規模にのぼる?と指摘した。

対策:OtoO

1.Weibo?WeChatなどの中國主流のSNSを通して、中國消費者に「武漢頑張れ」のような情報を発信しブランドイメージを強化する。

2.インバウンドが減っている中、越境ECを通して日本の素晴らしい商品を中國に販売していく。

つまり、この特殊な時期に「OtoO」対策をとることが大事である。O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現されることもある。ネット上(オンライン)から、ネット外の店舗(オフライン)での行動へと促す施策のことや、オンラインでの情報接觸行動をもってオフラインでの購買行動に影響を與えるような施策のことを指す。

インターネットを通して、ブランドの情報発信及び商品の販売を行い、ブランド力を強化する。そうすることによって、新型コロナウイルスが完全に収束したら、実店舗に來店する外國人観光客が今までよりも増えるだろう。